人気ブログランキング |

私の趣味の映画と、そして日々感じた事、号泣ものの話題です!


by koohan_zanbararok

2010年 12月 01日 ( 1 )


 今日はNHK7時のニュースも見れず、よって、気象予報士のNさんのお姿も見れず・・加えてクローズアップ現代も見れず。。もう、どうしようかと不安になりました。。何とか9時からのNHKの報道で今日の動きをチェック!!満足した後の事・・初回だけ見た歴史秘話、ヒストリアという番組。初回は全く同じ時代を生きた篤姫と西太后の不思議な共通点というか・・つながりは無いのだけれど。これもグサッときた覚えがあります。そして今回。。偶然、見ることになった下克上当たり前の戦国時代を生きた「高山右近」・・絶対に裏切らない武将。あの、加賀の前田利家が本来この人物が天下人になるにふさわしいとまで信頼を寄せていた人物です。キリシタン大名(カトリック)として決して人を裏切らずでも・・晩年は、なんと日本追放!!山あり谷ありの人生なんてもんじゃなかったですよ・・涙無しには見れないでしょう。。皆さんの中で見た方、いらっしゃるでしょうか?注意書きとして申しておきますが、私のおうちは浄土宗系宗派(鎌倉時代から存在する)で実に寛大。やはり阿弥陀如来様の慈悲により救われる穏やかなものです。だから、カトリック、絶対に許さん!という事にはならないせいもあり、本当に素直に「高山右近」の美しすぎる・つらすぎる生涯に感銘を受けました。こんな信念を貫ける人物が戦国時代に存在した奇跡。。知らずにいた自分の恥ずかしさ・・勉強になりました。これは、宗教に関する問題ではない。。そう判断したために投稿しました。ネットにおいて宗教云々は禁忌なのは皆さんもご存知でしょう?それから、茶の湯の創始者、千利休の7人のお弟子さんのうち4人がカトリックだったそうで。。そのため、お茶の回しのみのルーツは聖杯のワインを信者が回しのみする事だそうで。。もう、驚きの連続でした。最期はフィリピンのマニラに歓迎されて漂着した「右近さん」銅像まで!!しかもその功績は宣教師によりEUにまで。。有名な地下に礼拝堂のある寺院の壁画に「サムライ」の姿でそうそうたる聖者と伴に描かれていました。。その生涯に学ぶ事多し・・でも、私が実践するのは相当な開きがありますね、残念ながら・・以上、本日の感激をお伝えしました・・おかげ様で仕事、充実しております。
by koohan_zanbararok | 2010-12-01 23:58 | その他、感動・感じた事