人気ブログランキング |

私の趣味の映画と、そして日々感じた事、号泣ものの話題です!


by koohan_zanbararok

2010年 12月 13日 ( 3 )


 私達、看護師同様、専門職かつブルーカラーのお仕事の決定版です、美容師さん!ボランティアで特養の高齢者の皆さんのヘアカットをしたって・・ニュースで拝見しました。カットしてもらい、気分転換できた入居者の方々の笑顔。。素晴らしいです。美容師の皆さん、これからも専門職を誇りにがんばりましょうね!
by koohan_zanbararok | 2010-12-13 23:38 | その他、感動・感じた事

 おかっぱ頭の男性2人。かっこよくないからそこがいいのだ。韓国は整形当たり前だもんね。そんな韓国におもしろい2人が・・!「ありがとうございす」「すみません」←これがどうでもいい歌詞の間をとる様に延々と繰り返される。理屈抜きに楽しい!私は、こういう人たちなら、受け入れ可能ですよ、眼鏡市場。。
by koohan_zanbararok | 2010-12-13 00:24 | その他、感動・感じた事

 NHKアーカイブス・・平成14年放送「人間ドキュメント」、途中からになってしまいましたが、女性必見の過去の番組でした。明治41年岩手県盛岡市生まれ、旧高等女学校卒業後、演劇を学ぶため本場PARIに渡った画期的な才色兼備な女性です。この番組が放送された時は94歳でしたが、その上品さ・知的さ・若い人から学ぶ姿勢・そして教えたい事・・正に現役、輝いていました。「輝子」さん。。そのとおりの女性です。
 この方の晩年の活動は、朗読を通して伝えた「生きる」こと。「裸の心を声にして」これがタイトルでした。見た方ならぐっとこみ上げてくるものを感じたと思います。朗読がこんなに難しく、そして輝子さんがどうしてこんなに朗読が上手なのか・・?暖かく、どこまでもその詩の作者の心を奥まで見ようとしている真剣さが無ければ朗読はできない・・今まで考えもしなかった事を学びました。この女性がどれほど激動の時を生きてきたか計り知れない、でも、先生は言うんですよ。「私はもう先が短いから、いいけど・・あなた達は大変ね・・」だからこそ、内面にあまりためこんでは毒というわけです。声を出す楽しさを訴えているのです。そういえば、私も経験していますね・・大きな声でお仕事(患者さんの迷惑にならない程度の元気な声です!)すると、気持ちよく仕事ができる。。患者さんも明るく反応してくれる。。何言ってるのか分からない看護師=無気力で自身の無い証拠みたいな感じですね。余談ですが!輝子さんの21歳のときの写真・・自身に満ちそして美しすぎました・・
 同郷の宮沢賢治氏を尊敬して朗読を続けた彼女は今度は自身が永遠に語り継がれる・・何て魅力あふれる日本女性が生まれ、同じ時代を過ごせた幸せをTVを観ながら感じたしだいです。声に出して自分を表現してみる、これが生きている証拠です。いくらネットや、ゲームの時代になろうと「話す事」は人間社会において基本なのだと当たり前のことだけど、感動を持って感じる事ができました。よき日でした。。おやすみなさい・・
by koohan_zanbararok | 2010-12-13 00:14 | その他、感動・感じた事